スポンサーリンク

            『クローズアップ現代』

 校庭先日、NHK総合テレビ番組『クローズアップ現代』で「不登校の原因の一つに『睡眠障害』があるのではないか」という内容の放送を見ました。興味があったので、番組を見終わった後ネットで不登校についての資料を調べてみました。「平成22年度不登校の現状と地域での対応」(内閣府)という資料によりますと、ここ数年は不登校の全体としての数は横這いから微増の状況にあるようです。特徴としては、小学生でも中学生でも学年が上がるほどその数が多くなっていました。また、小学生よりも中学生の数の方が圧倒的に多く、特に中学3年生の数が大変多かったです。でも、高校生になると何故かぐっと数は減っていき、しかも学年が上がるほど数は少なくなっていました。

    睡眠障害

 その番組では、「『頑張っている子』ほど朝起きれず学校へ行けなくなり不登校になる傾向がある」といっていました。毎日のように夜遅くまで勉強やスポーツに打ち込んでいる子が睡眠障害になり「気持ちは学校へ行きたいのに体に力が入らず、どうしても起きられなくて学校に行けない」というケースです。

 夜遅くまでの勉強、練習によって慢性的な睡眠不足や生活リズムの乱れが起き睡眠障害に陥ってしまうといいます。昔から「寝る子は育つ」といいますが、成長期の子どもにとって『睡眠』はとても重要で脳の成長にも影響するそうです。何かの番組で「記憶は寝ている間に定着される」ということを聞いたことがあります。一生懸命長時間勉強しているのに記憶として残らないとすればとても残念なことです。

    眠   育

 以上のようなことが分かってきて、最近では『眠育』に取り組んでいる学校も増えてきているそうです。また、地域のスポーツ教室・クラブ等でも夜遅くまで練習しないよう考慮する自治体も出てきているそうです。睡眠は「質と量」が大事で、特に「生活のリズム」が大切ということです。

 私の場合はどうでもいいのですがちょっとだけ触れさせて頂きますと、定期テストや高校、大学受験の際には「アタックヤングからパックインミュージック、オールナイトニッポン等の深夜放送を聞きながらの勉強」でした。勉強が目的なの?深夜放送を聞くのが目的なの?と聞かれますと多分に後者の方でした。おまけに授業中には睡魔に降参してよく居眠りしてましたから、まったく本末転倒でした・・・余談です。

 私は子育ても大方卒業という年代ですが、子育て真っ最中の方は何かの参考になるかなと思いました。NHKでは「オンデマンド」という(有料だったと思いますが)ネットで再度見ることができるシステムがあると思いますので、興味がおありの方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク