スポンサーリンク

落部駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「落部駅(おとしべえき)」(二海郡八雲町落部:ふたみぐんやくもちょうおとしべ)を紹介します。

 前回紹介しました「石倉駅(いしくらえき)」を後にして、国道5号線を西(八雲町方面)へ向かいます。

 石倉駅からおよそ5㎞ほど進むと、左手に本駅が見えてきます。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

 駅名は所在地名からです。

 その地名は、アイヌ語の「オテシぺッ」(川尻・梁・川)や「オテシウンペッ」(川尻・梁・ある・川)などに由来しています。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1911年(明治44年):国有鉄道函館本線の一般駅として開業する。

・1945年(昭和20年):石倉駅-野田追駅(のだおいえき:現・野田生駅(のだおいえき))間が複線化(石倉駅-本駅間の一部は単線)される。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1958年(昭和33年):石倉駅-本駅間が完全複線化される。

落部駅        落部駅

落部駅 落部駅

・1968年(昭和43年):本駅-野田生駅間が再び複線化され、双方向が複線化される。

・1980年(昭和55年):貨物扱いが廃止される。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

・1982年(昭和57年):急行「せたな」の停車駅になる。

・1984年(昭和59年):急行「せたな」が快速列車に格下げされる。荷物扱いが廃止される。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

・1986年(昭和61年):無人化され、簡易委託駅になる。

・1987年(昭和62年):瀬棚線※1 廃止に伴い、快速「せたな」が廃止される。代替列車として函館駅長万部駅間に快速「アイリス」の運行が開始される。その後、国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

・1991年(平成3年):駅舎が改築される。

 2面3線の島式・相対式複合ホームをもつ地上駅(無人駅)です。

落部駅 落部駅

落部駅 落部駅

 ホーム間は構内踏切で連絡しています。

※1 瀬棚線(せたなせん)

 日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線です。渡島支庁(おしましちょう:現・渡島総合振興局)管内の山越郡長万部町(やまこしぐんおしゃまんべちょう)・国縫駅(くんぬいえき)で函館本線から分岐して渡島半島を横断し、檜山支庁(ひやましちょう:現・檜山振興局)管内の瀬棚郡瀬棚町(:現・久遠郡(くどおぐん)せたな町)・瀬棚駅を結ぶ路線でした。国鉄再建法により第2次廃止対象路線に指定され、1987年(昭和62年)3月に廃止されました。

落部駅             落部駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「 落部駅」、「瀬棚線を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

石 倉 駅 👈 本    駅 👉 野 田 生 駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク