スポンサーリンク

南稚内駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「南稚内(みなみわっかない)駅」(稚内市大黒1丁目)を紹介します。

 前回紹介しました「稚内駅」を後にして、国道40号線に戻り南下します。稚内駅から3㎞ほど進み「大黒2」交差点で右折します。

 そして、道なりに進みますと本駅が見えてきます。

 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1922年(大正11年):鉄道省宗谷本線(てつどうしょうそうやほんせん)の一般駅「稚内駅(初代)」として開業する。

・1924年(大正13年):天塩北線(てしおほくせん)の兜沼駅(かぶとぬまえき)-本駅間が開業する。

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

・1928年(昭和3年):本駅-稚内港駅(現・稚内駅)間の延伸開業に伴い途中駅になる。

・1930年(昭和5年):線路名変更され、浜頓別(はまとんべつ)駅方面が宗谷本線から「北見線(きたみせん)」になる。

・1939年(昭和14年):「南稚内駅」に改称される。

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

・1949年(昭和24年):公共企業体である日本国有鉄道(国鉄)に移管される。

・1952年(昭和27年):駅舎が移転する。

・1961年(昭和36年):線路名が変更され、北見線が「天北線(てんぽくせん)」になる。

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

・1983年(昭和58年):貨物取扱が廃止される。

・1985年(昭和60年):荷物取扱が廃止される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

・1989年(平成元年):天北線が廃止される。

・2005年(平成17年):南稚内駅長が廃止される。

 単式ホームと島式ホームの複合型2面2線をもつ地上駅(交換駅)です。

 社員配置駅ですが、出札・改札業務は日中のみです。

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

 みどりの窓口、自動券売機(近距離区間)が設置されていますが、営業時間は緑の窓口と同じ時間帯で、他の時間は使用できません。

※ 天塩線の推移

◍北海道官設鉄道天塩線として1898年(明治31年)に旭川駅(あさひかわえき)-永山駅(ながやまえき)間が開業する。その後、1903年(明治36年)には旭川駅から名寄駅(なよろえき)まで延伸される。

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

◍北海道官設鉄道から逓信省(ていしんしょう)鉄道作業局(国有鉄道)に1905年(明治38年)4月移管される。

 ・初代天塩線-旭川駅~恩根内駅(おんねないえき)間の旧称 (1909年10月-1912年9月;宗谷線に改称される)

 ・2代天塩線-音威子府駅(おといねっぷえき)~問寒別駅(といかんべつえき)間の旧称 (1922年11月-1924年6月;天塩北線が開業し、天塩南線(てしおなんせん)に改称される)

 ・3代天塩線―音威子府駅~稚内駅(現・南稚内駅)間の旧称 (1926年9月〈稚内まで全通し天塩北線が天塩南線に編入〉-1930年4月〈北見線(後の天北線)が分離され宗谷本線に編入〉)

 ・4代天塩線―幌延駅(ほろのべえき)~遠別駅(えんべつえき)間の旧称 (1935年6月-1958年10月;羽幌線(はぼろせん)に編入)

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

◆̻天塩南線(てしおなんせん)・・・音威子府駅~幌延駅間の旧称 (1924年6月―1926年9月;3代天塩線に改称)

◆天塩北線(てしおほくせん)・・・稚内駅~兜沼駅間の旧称 (1924年6月―1926年9月;天塩南線に編入後3代天塩線に編入)

※ 北 見 線

・1930年(昭和5年)に天塩線が宗谷本線に編入され、音威子府駅~浜頓別駅(はまとんべつえき)経由~稚内駅間を「北見線」として分離される

・1961年(昭和36年)に「天北線」に改称される

南稚内駅 南稚内駅

南稚内駅 南稚内駅

※ 天 北 線

・音威子府駅で宗谷本線から分岐し、中頓別町(なかとんべつちょう)・浜頓別町・猿払村(さるふつむら)を経て南稚内駅で宗谷本線に再び接続した路線

・1985年(昭和60年)8月に第2次特定地方交通線に選定され、1989年(平成元年)5月に廃止された。

南稚内駅            南稚内駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「南稚内駅 」、「天塩線」、「北見線」、「天北線」、「宗谷本線」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

稚 内 駅 👈 本    駅 👉 抜 海 駅(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク