スポンサーリンク

白糠駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「白糠駅」(白糠郡白糠町東1条南1丁目)を紹介します。

 前回紹介しました「西庶路駅」を後にして、国道38号線を西へ約5㎞ほど向かいますと右手に本駅があります。

 

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1901年(明治34年):北海道官設鉄道の一般駅として開業する。

・1964年(昭和39年):白糠線が開業する。

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

・1982年(昭和57年):貨物扱いが廃止される。

・1983年(昭和58年):白糠線が廃止される。

・1985年(昭和60年):荷物扱いが廃止される。

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1997年(平成9年):業務委託化される。

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

白糠駅 白糠駅

 2面3線の島式・単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。ホーム間は跨線橋で連絡します。

※ 白糠線・・・1964年(昭和39年)から1983年(昭和58年)まで日本国有鉄道(国鉄)が運営していました鉄道路線です。白糠町白糠駅から分岐して同町二股地区の北進駅を結んでいました。1980年(昭和55年)に日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)が施行され、特定地方交通線として廃止されました。

白糠駅     白糠駅

白糠駅 白糠駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「白糠駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

西庶路駅 👈 本  駅 👉 古 瀬 駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク