スポンサーリンク

茶志内駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「茶志内(ちゃしない)駅」(美唄市茶志内町)を紹介します。本駅は、国道12号線沿いにあり、分かりやすい駅です。

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1916年(大正5年):国有鉄道の一般駅として開業する。

・1952年(昭和27年):三菱鉱業茶志内炭礦専用鉄道(茶志内駅~茶志内炭鉱間)が開業する。

茶志内駅 茶志内駅

・1967年(昭和42年):三菱鉱業茶志内炭礦専用鉄道が廃止される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1997年(平成9年):無人化される。

茶志内駅 茶志内駅

※三菱鉱業茶志内炭礦専用鉄道・・・国鉄函館本線茶志内駅から茶志内炭鉱まで2.0㎞を結んでいた三菱鉱業の専用鉄道。石炭輸送の他にも通勤・通学客の輸送も行われていました。炭鉱の閉山に伴い廃止されました。

茶志内駅 茶志内駅

 1面1線の単式ホームと1面2線の島式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。

茶志内駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

奈井江駅 👈 本  駅 👉 美唄駅

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

 

スポンサーリンク