スポンサーリンク

 篠路駅    こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

    今回は、「篠路駅」(札幌市北区篠路4条7丁目)です。

    本駅について調べていると、思いがけない「地域の歴史」が分かりました。今から60年程前のこの地域に「茨戸油田」があって、そこで産出された石油を本駅から輸送していたというのです。

篠路駅 篠路駅

    秋田県や新潟県等から石油が採れたという話は聞きましたが、札幌近郊の地域から石油が採れたという話は初耳でした。

篠路駅 篠路駅

    調べてみると、札幌を含む石狩地方には「石狩油田」、「厚田(あつた)油田」、そして「茨戸(ばらと)油田」の三つの油田があったそうです。

篠路駅     篠路駅

 中でも「石狩油田」が一番大きく最盛期の昭和4年には年間1万㎘程の石油が生産されていたそうです。 また、厚田油田は1888年(明治21年)に試掘が始まり、1961年(昭和36年)の廃田まで産油していたそうです。

篠路駅     篠路駅

 「茨戸油田」は、1956年(昭和31年)に油層とガス層が確認され1958年(昭和33年)に油田開発が始まりました。1970年(昭和45年)にガス、1971年(昭和46年)に石油の生産が中止されるまで続きました。

篠路駅      篠路駅

 最盛期には、茨戸地区から石油がパイプラインによって篠路駅まで運ばれ、鉄道により室蘭へ輸送され精油されていたそうです。(『「札幌市北区役所ホームページ」―49、噴出した太古の恵み-茨戸油田』より)

篠路駅  篠路駅

    本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1934年(昭和9年):国有鉄道札沼南線一般駅として開業する。

・1935年(昭和10年):札沼南線と札沼北線が統合して、「札沼線」に改称される

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

・1997年(平成9年):札沼線の本駅からあいの里教育大駅間が複線化される

・2012年(平成24年):桑園駅から北海道医療大学駅間が電化される

篠路駅    篠路駅

     2面2線の相対式ホームをもつ地上駅です。業務委託駅で、東口に「みどりの窓口」、「自動券売機」、「自動改札機」が、西口に「自動券売機」、「簡易自動改札機」等が設置されています。

    ご訪問頂きありがとうございました。

 

拓北駅 👈 本 駅 👉 百合が原駅 (準備中)

※クリックすると、そのページが表示されます。

******** これまでの主な記事 ********

◎北海道の駅

👉「函館本線駅巡り(旭川駅~札幌駅)」  👉「函館本線駅巡り(札幌駅~函館駅)」       👉「宗谷本線駅巡り」   

👉「根室本線駅巡り」    👉「釧網本線駅巡り」         👉「日高本線駅巡り」   👉「富良野線駅巡り」  

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて」        👉「石北本線・金華駅を目指して」   👉「JR札沼線の駅を訪ねて」

👉「室蘭本線駅巡り」   👉「道南いさりび鉄道駅巡り」      👉「JR室蘭本線・夕張線≪夕張駅へ≫」

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて(瀬越駅~増毛駅)」   👉「石勝線駅巡り」   👉「旧江差線の駅を訪ねて」

👉「旧万字線の駅を訪ねて」   👉「JR小幌駅を訪ねて」  👉「留萌本線-留萌駅~増毛駅間-」

◎道東の旅Ⅰ

👉その1・斜里町まで  👉その2・知床五湖へ  👉その3・高架木道        👉その4・フィールドハウス~五湖  

👉その5・知床~四湖  👉知床~三湖       👉知床~二湖  👉知床~一湖  👉知床五湖・再び高架木道へ

👉知床世界遺産センター  👉知床峠・羅臼岳  👉羅臼・しおかぜ公園      👉羅臼・早朝風景  

👉羅臼・純の番屋

◎道央の旅Ⅰ

👉島武意海岸  👉積丹岬・女郎子岩  👉島武意海岸から神仙沼へ        👉神仙沼湿原①  

👉神仙沼湿原②長沼・大谷地  👉ニセコ五色温泉、他       👉名水の郷きょうごく  👉静狩鳴き砂海岸  

👉静狩湿原  👉道の駅あぷた

◎道北の旅Ⅰ

👉クッチャロ湖  👉クローバーの丘

 

 

 

スポンサーリンク