スポンサーリンク

沼ノ端駅 こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 今回の駅は、「沼ノ端駅」(苫小牧市沼ノ端中央3丁目)です。

 沼ノ端駅は、室蘭本線に属していますが、「千歳線」も乗り入れていて「千歳線の起点」の駅です。でも、その全ての列車は次の「苫小牧駅」まで乗り入れていますので、苫小牧駅が起点のような気がしてしまいます。

沼ノ端駅 沼ノ端駅

沼ノ端駅 沼ノ端駅

 全ての普通列車と、L特急の「すずらん」が停車します。

 追分方面列車と千歳方面列車との乗り継ぎに伴う運賃制度の特例で、沼ノ端駅を通過する列車にかかる乗り継ぎに限り、沼ノ端駅と苫小牧駅間の「区間外乗車」が認められているそうです(「区間外乗車」について調べてみましたが、良く理解できませんでした。興味のある方はご自分でお調べください、すいません。)

沼ノ端駅    沼ノ端駅

沼ノ端駅    沼ノ端駅

隣り町が「千歳市」です、新千歳空港を飛び立った飛行機なのでしょうか?

 沼ノ端駅から室蘭駅、千歳線については交流電化区間です。けれども、岩見沢駅までの区間は非電化区間となっています(将来的には、この区間もいずれは無くなってしまうのでしょうか…)。

沼ノ端駅 沼ノ端駅

好きなものですから、つい見入ってしまいます。行き先はどこなのでしょう?

沼ノ端駅 沼ノ端駅

 沼ノ端駅の簡単な生い立ちについて触れてみたいと思います。

1898年(明治31年):北海道炭礦鉄道の駅の一般駅として開業

1906年(明治39年):北海道炭礦鉄道が国有化され官設鉄道に

1922年(大正11年):北海道鉱業鉄道、金山線(後の富内線)が開業

1926年(大正15年):北海道鉄道札幌線(後の千歳線)が開業

1943年(昭和18年):北海道鉄道が国有化、千歳線、富内線(1986年廃止)となる

沼ノ端駅 沼ノ端駅

沼ノ端駅 沼ノ端駅

 島式ホーム2面2線の無人の地上駅です。自動券売機や簡易Kitaca改札機が設置されています。自由通路があり、そこからホームに入ることができます。

沼ノ端駅 沼ノ端駅

 ご訪問ありがとうございました。

 

※ 下の駅名をクリックしますと、そのページが表示されます。

 苫小牧駅 👈 本    駅 👉 植苗駅(千歳線)

👉新千歳空港駅(準備中)

👉 遠浅駅(室蘭本線)

👉 勇払駅(日高本線) 

 

 

 

スポンサーリンク