スポンサーリンク

   Newsモーニングサテライト

 NHKなど複数のテレビ局で取り上げられていますが、今回はテレビ東京系の番組『News モーニングサテライト』からの情報を紹介します。

   21世紀の資本

 フランスの経済学者で世界で150万部売れているベストセラー『21世紀の資本』の著者『トマ・ピケティ』氏が来日しています。

『ロックスター経済学者』とも呼ばれ、日本でも昨年末から13万部発行されている『21世紀の資本』は厚さ4㎝700ページを超える本です。

 『全世界的に見て格差はどうなっているのか、お金持ちとそうでない人との差はどの位で、どう推移しているのか』を歴史的に調べた本です。(この本を翻訳した翻訳家:山形浩生氏)

これまでの経済学では「資本主義の発展と共に所得格差は自動的に縮小する」、「経済成長する方向に頑張れば自然と格差はなくなり平等でよい社会がやってくる」とされていました。

r > g          r:資本収益率・・・投資で得られる収益率

            g  : 経済成長率・・・労働による賃金の上昇率

氏は欧米を中心に200年以上の税務統計を集め独自の分析をし、『お金持ちはますますお金持ちに、貧しい人との格差は広がっていく』と、経済学のこれまでの常識を覆したと言われています。

   トマ・ピケティ氏

 来日し、日本特有の『人口減少と格差』について述べています。

・人口が継続的に減少するのは非常に怖いこと。出生率を上げるための一番重要な政策は『男女平等、女性が労働市場で働き易くする』、『お父さんの子育てへの関与を促すこと』も大事です。

・最終的に格差をなくすためには資本に対する国際的な累進課税を世界各国が協調して、所得や資産に対する課税を同時に強化すれば海外への資産流出も防げて格差は縮小する。しかし、現実的には不可能で、政治的・実務的に不可能です。

なぜ今この『21世紀の資本』が支持されているのか。2011年9月アメリカ・ウォール街で起こり世界的に広がった『反格差デモ』。格差を容認する文化といわれていたアメリカですら最近は格差拡大は問題になってきています、『99%の我々の賃金を上げろ!』と。

『一般の人が持っている問題意識とぴったり合っている』ということが本の人気を呼んでいる背景ではないでしょうか。(ソシエテジェネラル証券 島本幸治氏)

ご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク